雑誌から書籍へ

 私は本が好きで、小説や専門誌、新書、雑誌などを読みます

 ただ、以前と今を比べると、生活スタイルや環境の変化もあってか、読む傾向が変わってきました。といっても、読む分野と言うわけではなく、雑誌をあまり読まなくなりました。

 これまでは、
・Newsweek
・フォーリン・アフェアーズ・リポート
・クーリエ・ジャポン
・サピオ
・SPA
・外交
・アソシエ
・DAYS JAPAN
・Journalism
・編集会議
などといった雑誌を読んでいましたが、今ではあまり読まなくなってしまいました(予算の都合も)。これらの雑誌を毎号、読んでいたりし、合間に小説を読むって感じ。

 最近は雑誌を読まなくなり、その分、書籍(専門書、新書など)を読むようになっています。通勤の行きは書籍、帰りは小説って感じ。

 雑誌は雑誌でメリットがあり、その時期のリアルタイムに近い最新情報がわかります。しかし、書籍はまとまっているというメリットがありますね。
 どちらがいいというわけではないのですが、以前のように雑誌より書籍に傾いています。

 ただ、雑誌も気になる記事はチェックするようにはしていますが、それでも手に取って読むまでには・・・・・・なかなか(笑)。自分の生活スタイルの変化や環境なども影響しているのでしょうが、自分でもちょっと不思議に思っている部分も。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)