一年の出来事を振り返って2015年を想う、「第56回 2015年 報道写真展」

 日本橋三越本店(東京都中央区)の本館7F催物会場で開催されていた「第56回 2015年 報道写真展」を見に行ってきました。(写真展は12月16日(水)から12月24日(木)まで開催)
「第56回 2015年 報道写真展」4 「第56回 2015年 報道写真展」5 「第56回 2015年 報道写真展」3
 2015年も本当に終盤になってきました。この写真展が開催されると本当に1年の終わりの時期だと感じます。
 会場の写真展示も1月から12月までを時系列に注目された出来事の写真を見ることができ、一年を振り返ることができました。

 約350点の写真が展示されており、「今年もいろいろあったな~」っと写真を見て、今年一年を振り返りました。同時に忘れていた出来事や気が付かなかった出来事も、写真を見て気づかされることも(笑)。

 1月にはイスラム国の身代金事件、2月は厳戒態勢の中の東京マラソン、3月は北陸新幹線開業、4月は選抜高校野球で福井・敦賀気比初優勝、5月は噴火問題、6月は新幹線での焼身自殺事件、7月は安保関連法案での抗議活動、8月は全国高校野球選手権で東海大相模が優勝、9月はエンブレム問題や鬼怒川決壊、ラグビーW杯で初戦で優勝候補の南アフリカを破る、10月は大型マンションの施工不良問題、11月はパリ同時多発テロ、など、これらの他にも様々な出来事が2015年にはありました。
「第56回 2015年 報道写真展」2
 一年を振り返る写真展の構成を見て、「あっという間の一年」ということに感じるものがあり、写真の中ではこみ上げてくるものもありました。
 一瞬をとらえた写真を見ていると、その写真が動き出すようですごく臨場感を感じるものもあり、今その光景の瞬間にいるような感じを楽しめたりも。

 一年を振り返り、「一年がどうだったか」と想い、考える場となるこの写真展、毎年楽しみにしています。

「2015年の出来事を振り返る恒例の報道写真展。
本年は、世界柔道や新星が誕生した世界陸上があり、
長崎県の端島(軍艦島)が世界遺産に登録。
スポーツ界では、女子フィギアスケート・浅田真央の現役続行、
そしてラグビーW杯2015においては日本が歴史的勝利を
勝ち取るなど多くのアスリートが活躍。
また、自然の猛威を感じた8月の豪雨や竜巻に加え、
阿蘇山や箱根山の噴火警戒レベルが引き上げられるなど
いろいろな出来事がありました。
本展では、今年を象徴する話題を中心に
東京写真記者協会(新聞・通信・放送〈NHK〉33社)による
決定的瞬間をとらえた写真約300点を
一堂に展覧いたします。」

「第56回 2015年 報道写真展」6 「第56回 2015年 報道写真展」1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)