うまい具合の不思議な世界感がうまくまとまっていました、小説『グラスホッパー』(伊坂 幸太郎)

 不思議な雰囲気を漂う伊坂ワールド。今度は殺しの世界を舞台の物語を楽しめました。

 小説『グラスホッパー』(伊坂 幸太郎)

「「復讐を横取りされた。嘘!?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!
(小説のあらすじより)」

 伊坂氏の小説は「不思議な世界感を楽しめる」。その不思議な世界感は今作でも健在で、それは登場人物からも感じることができました。

 物語は殺しの世界が舞台。主人公の妻を交通事故で亡くした。その交通事故も何だか問題な事故だった。そして、その車の運転手がまた問題男で、鈴木は亡き妻の復讐をするために、問題男の会社へ入り、研修期間過ぎるぐらいから物語は始まります。
 物語が始まって、「さぁ、これから」って時に物語は慌ただしく動き出し、いつしか、不思議な世界に入っていました

 物語は主人公・鈴木、殺し屋・鯨、殺し屋・蝉のそれぞれの物語が、うまく交互に展開されて進んでいきます。
 その展開の仕方は、アーヴィン・ウェルシュの「トレインスポッティング」のような感じで、それぞれの登場人物の展開が交互(?)に展開され、次の展開をうまく気にさせつつ、次の登場人物の展開を楽しめる仕掛けになっていました。
 同じ状況をそれぞれの登場人物の視点や環境から楽しめるということも、物語を楽しめる深さにもなりました。

 登場人物も独特で、それぞれに不思議な能力(?)がありそれがいい感じ。
 鯨は相手を自殺させる殺し屋で、その自殺のさせ方がどこか催眠術(?)のような感じ。蝉はナイフを使った殺し屋だが、動きが物凄く俊敏で、その素早さが魅力。
 で、鈴木はどうかというと、一般人(笑)。登場人物がみんながみんな特殊ではないところがうまい具合。他にも槿(あさがお)という変わった登場人物も。槿は自分の存在を操れる(?)みたいな感じ。

 ただ、物語の展開は大きな衝撃というものはそこまで……。というのも、ビックリや興奮を味わう物語ではなく、不思議な感じの物語でいい感じにその世界観の物語を楽しめました。その不思議な雰囲気(展開)の安定度が高かったのが物語を楽しめた要素で、ある意味これがいい感じで疲れさせなく、物語の全体の展開を楽しめる要素にもなっています。

 物語は、不思議な世界感がうまくまとまっており、その不思議感を感じたかったので、期待は裏切りませんでした。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)