見る場所で様々な花火の顔がある「第38回 隅田川花火大会」

 7月25日(土)、東京都墨田区・台東区で「第38回 隅田川花火大会」が開催されました。

 隅田川花火は本当に有名で、本当にすごい人々で一杯。私も撮影場所をさがしにいろいろ歩き回った結果、台東区側の南千住の方でようやく一息つけました。まぁ、場所取りをしっかりすればいいんですが(笑)。
 今回はゆっくり花火を見ることはできず、都合でしばらくしたら花火を後にしました。

 隅田川花火大会は見る場所によって、見方が様々なのが面白いところ。
 東京はビルも多く、この隅田川花火は特に建物などの多い場所でもあり、見る場所で困ったりすることも。しかし、見る場所はちょっと工夫してさがせば、ビル群の中での花火だったり、川沿いだったり、様々な花火の顔を見ることができたりも。

 これまで、花火の近辺だったり、東京スカイツリー近くだったりしていましたが、今回は台東区側の方で、花火から北の方から眺めることになりました。

 いい感じで見ることができ、東京スカイツリーとコラボのように楽しめました

 

 ゆっくりと最後まで見たかったのですが、また来年に期待したいものです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)