リズミカルでいい感じのスリル感と共に社会問題に成りそうなことを考える、映画「アイランド」

 リズミカルな展開で見入りました!

安全で快適なコミュニティで暮すリンカーン(ユアン・マクレガー)は、自分が人間に肉体のパーツを提供するために作られたクローンであることを知ってしまう。そこで恋人・ジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)とともに外の世界へ脱出するが……。

 ユアン・マクレガーはやはり、いいですね~~!
 物語の展開はリズミカルな展開で、ちょっとしたスリル感も味わえ、気軽に楽しめる作品となっていました。

 クローン問題を考えるきっかけになり、クローン技術が進化していくとこういう問題とどう向き合うことが必要か、そして、その弊害とどう向き合うのか。今作ではクローンが主人公になっていることから、その被害者、弱者側の心理がわかるものでした。

 物語はいい感じのスピーディーさとスリル感、そして、謎がうまく融合して、飽きさせない展開でした。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)