ワニのリアルさがすごかった! 映画「ブラック・ウォーター」

 ワニのリアルさがすごかった!

北オーストラリアへ休暇を楽しみに来たグレース(ダイアナ・グレン)と恋人のアダム(アンディ・ロドレダ)、そしてグレースの妹リー(メイヴ・ダーモディ)は広大なマングローブが生い茂る沼地で釣りを楽しんでいた。そして、突然何かがボートに直撃して全員が川の中へ放り出されるが、それは巨大なクロコダイルの仕業だった。

 この映画は実話を基にしているということで、物語展開はシンプル。物語の環境もシンプルに問題が起きた場所で展開されました。

 この映画の見どころは、ワニのリアルな恐怖さ。逃げようとする時、突然、目の前にワニが!? という場面はすごかったです。

 実話を基にしているということですが、登場人物が襲われそれでも(何度か)助かるシーンは「奇跡だな」っと。実話を基にしているから、何ともいえないけど、何度目か襲われ助かる場面にちょっと「ん?」て感じることはありました。

 シンプルに普通に恐怖を感じさせる映画だと思います。

6/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)