長編だけど読み込ませる点が充実して安定して楽しめた、『KGBから来た男』(デイヴィッド・ダフィ)

 スパイものということで、何気に買ったら結構面白かった。

旧ソ連のグラーグ(強制労働収容所)で生まれ育った元KGB諜報員ターボ。ニューヨークで調査員として暮らす彼は、銀行の会長マルホランドから誘拐された娘の救出を依頼された。この時から因縁深い人物が次々と現われる。今はマルホランドと結婚している彼の別れた妻、KGB時代の同僚、彼をグラーグから救い出しKGBに入れた恩人。誘拐事件を探るターボは、やがて恐るべき陰謀を知る。巧妙に練り上げたサスペンス巨篇
(小説のあらすじより)」

 この小説、淡々としている面もありますが、何気に読み込ませます。
 モノゴトを表現する文章がちょっと長い時はありますが、そんな時でも知らないうちに読み込ませられている展開にやられます(笑)。

 物語の表現も関係するのでしょうが、物語のテンポははやいとはいえず、リズムもいいとはいえないような、でもいえるようなって感じ。そんな感じですが、物語に引き込まれ、次の展開がいい感じで気になる始末(笑)。
 物語は推理のように楽しめるので、スパイものに、探偵という要素が合わさった感じで楽しめました。
 そして、クライマックスも物語展開からの謎が解明されていき、起承転結のような物語構成をいい感じで味わえました。

 この小説の醍醐味の一つに、主人公が発するユーモア(皮肉)があげられ、それは主人公の登場人物に影響するだけでなく、読んでいる読者にも影響を与えます。

大事なのは勝つことよりむしろ、闘えるうちは勝負を降りないことだ

と主人公のこの一言がちょっとした衝撃を覚えました。

 物語は結構な長編になっていますが、その長編も苦痛に感じさせない物語の流れにうまい演出で、読み入らせるのがGood。
 毎日の定期的な読書タイムにページを開くのを楽しみにさせてくれるほど、いい感じで楽しめる作品でした。

8/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)