フリージャーナリスト広河隆一 写真展『いのちをつたえる』

 5月14日(木)からキッド・アイラック・アート・ホール(東京都世田谷区)で開催されています、フリージャーナリスト広河隆一 写真展「いのちをつたえる」を見に行ってきました。

 

 

人間はあらゆることに清くあることはできないと思う。
しかし、これだけは許せないと感じたとき、そこでシャッターを切り始めたい。
人間がほんとうに守らなければならないのが分かれば、
権力と闘っても、体を張ってでも伝える気概が自然と生まれるものだ。

(案内より)」

 写真展は、第1部から第3部の構成となっていて
・第1部 人間の戦争、その犠牲者たち:パレスチナ、イラク、アフガンでの内容を取り上げていました。
・第2部 「隠される世界」チェルノブイリ~福島:現地を訪れ、取材と出会った子供達を取り上げていました。
・第3部 戦争の遺品、命の証明:1982年、ベイルートのパレスチナ難民キャンプでの虐殺事件での遺品などを展示。

 戦争などの悲劇を物語る内容で、映像もありました。

 写真展は、5月31日(日)まで。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)