京都に行ってきました~二条城~(下)

 その後は、本丸

 

1626年(寛永3年)三代将軍家光の命により増築されたものだそうです。もとは、五層の天守閣が高くそびえ壮麗を誇っていたそうです。しかし、1750年(寛延3年)に雷火により焼失、また1788年(天明8年)には、大火による類焼で本丸内の殿舎をもなくなりました。
 現在の建物は、京都御苑内にあった旧桂宮御殿を1893~94年(明治26~27年)にわたり、ここに移し建てられたものです。この建物は、1847年(弘化4年)頃に建てられたもので、宮御殿の遺構としては完全な形で残っている貴重なものであり、重要文化財に指定されています。(内部は非公開)
 本丸御殿南側にある庭園は、明治時代に作庭されたもので、天守閣跡は、この庭園の西南隅にあります。

 天守閣跡へは、すごい急な石の階段はビックリ。

 

天守閣跡

 二条城の天守閣は、寛永3年(1626年)に伏見城から移築されたもので、五層の天守が建てられていましたが、寛延3年(1750年)に落雷により焼失し、再建されること無く現在に至っています。
 現存する天守台は、高さ21m、天守台上の敷地445平方mあります。

 天守閣跡からの眺めはいい感じでした。

 

 

 清流園は、江戸初期の豪商、角倉了以の屋敷から、建物の一部と庭石約800個を譲り受け、これをもとに二条城にふさわしく、雄大・明朗・風雅をモチーフに全国から集めた銘石300個と新たに茶室を加え1965年(昭和40年)に完成したそうです。
 庭は、池泉回遊式の和風庭園部分と、芝生を主体にした洋風作庭部分からなり、面積約16,500平方m、園内には、香雲亭、茶室和楽庵があり、市民大茶会をはじめ二条城を訪れる国賓公賓の接遇場所にも利用されています。

 

清流園

 清流園は、面積約5千坪で、池泉回遊式の和風庭園と、芝生を敷詰めた洋風庭園から成る。
 この庭園は、高瀬川一之船入のところにあった旧角倉了以邸の建物の一部と、庭園の庭石約八百をもとに、全国から集めた命石約三百個をそれに加え、昭和40年に完成した。
 園内にはお茶室庵や、香雲亭がある。

しだれえんじゅ

 えんじゅ(槐)の変種で、まめ科に属する落葉喬木である。
 花期は7~8月で蝶形の小さい白花をつける。
 原産地は中国で、古来より出世の樹として中庭等に植える風習があり、又縁起木として豪族の屋敷内に多数植えられ、その一族の繁栄の象徴とされたといわれる。

 二条城を見るのは結構、ボリューム満点でした。ゆっくりまわるのなら、半日(?)ぐらいあるといいかもしれません。
 歴史的建造物は一つだけではなく、さらに庭園などもあるため、短時間ではとても(笑)。それに、ゆったりした時間を楽しめるので、ゆっくり見てまわることをおすすめですね。

 

 

 

 

(続く)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)