スマートな物語展開ですごく読みやすかった! 『スクープ』(今野 敏)

 ちょっと変わった主人公の性格が魅力的で、物語の展開はスマートでGood!

TBNテレビ報道局社会部の布施京一は、看板番組『ニュース・イレブン』所属の遊軍記者。素行に問題はあるものの、独自の取材で数々のスクープをものにしている。時には生命の危険にもさらされるが、頼りになるのは取材ソースのひとりでもある警視庁捜査一課黒田裕介刑事の存在だ。きらびやかな都会の夜、その闇に蠢く欲望と策謀を抉り出す。(『スクープですよ!』改題)
(本のあらすじより)」

 物語は展開はすごくスマートで、すごく読みやすくて、あっという間に読み終えました。
 主人公のちょっと変わった人物像が、物語を面白くして、次の展開が気になるような仕組みになっています!

 物語も、テーマごとの展開で、読み方も単純に少ない時間でも楽しめる構成となっていました。
 その分、もうちょっとの深みがないように感じるかもしれません。それでも、物語に込めたものはあるのが感じられます。単純な部分がわかりやすくもあります。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)