普通に気軽に楽しめる子供のちょっとした冒険、映画「崖の上のポニョ」

 そこそこ楽しめる作品でした。

5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで結ばれていく。

 正直、一度、途中で見終わってしまったことがあります。でも、最後まできちんと見ないと気持ち悪いもので、改めて見直してみると、そこそこ楽しめる内容でした。
 大きな感動を味わうまでにはいかなかったんですが、それなりに気軽に楽しめるということでGoodな映画だと思います。

 ただ、解決策というのがちょっと「??」っともなりました。

6/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)