物語の展開はしっかりしてて映画化に納得、『雪の狼(上・下)』(グレン・ミード)

 アメリカのCIAのスパイものということで、ちょっとした単純さがあるのかな~っ思っていたら、結構面白かった!

40数年の歳月を経て今なお機密扱いされる合衆国の極秘作戦(スノウ・ウルフ)とは? 冷戦のさなかの1953年、極寒のソヴィエトにおいて、弧高の暗殺者スランスキー、薄幸の美女アンナ、CIA局員マッシーたちが、命を賭けて達成しようとしたものは何か? F・フォーサイスをしのぐと全世界で賞賛される超大型新人作家が放つ迫力と興奮のアクション・アドベンチャー巨編! 映画化決定!
(小説(上)のあらすじより)」

辛くもソヴィエトの大地を踏んだスランスキーとアンナの存在は、すでにKGBに察知されていた。しかも作戦をソヴィエトに知られたことを憂慮する合衆国側が、ついにふたりの抹殺を決定。敵味方双方から狙われるスランスキーたちを待つものは? 一方、必死に二人を追うKGBのルーキン少佐も、思わぬ運命に翻弄されようとしていた……。物語は息つく間もなく感動のクライマックスへ!
(小説(下)のあらすじより)」

 映画化されるとのことで、なるほどの内容。
 始まりから終わりまで、きちんとした流れになっています(きちんとしたって、笑)。始まりの出来事からスパイ工作に入るまでの準備、そして、潜入してからの展開までがうまく物語られていました。
 ただ、ちょっとした展開の簡易さというか、急な展開な感じを受けることもあったものの、物語に何気に夢中になる要素は十分にあったと思います。

 登場人物の人間関係は見もので、その展開は面白かったし、感情移入も。
 ただし、アクション的な要素はそこまで高くスリリングさを感じることはなかったのは残念。だけど、痛みに関しての表現は・・・・・・あまり感じたくないものでした。
 展開の行方は気になるものの、どこか淡々と読み込んでいくような感じもありました。

 それでも、夢中に読ませる要素があったので、面白く読めました。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)