かつては城塞があったとされる「本郷城」~小石川庭園へ(中)~

 「本郷城」があったとされる東京大学(東京都文京区)周辺を巡って、最後に小石川後楽園を見に行きました。
 小石川後楽園の庭園には入りませんでしたが、庭園入口まで見てきました。

 

 

 小石川後楽園は、旧水戸徳川家の江戸上屋敷の後園で、林泉美に富む廻遊式築山、山水庭園である。
 江戸時代初め、徳川御三家の一つであった水戸家の祖 徳川頼房は、寛永6年(1629年)3代将軍家光から与えられた。この邸地に廻遊式庭園を築造した。2代目藩主光圀も本園の築庭には力を注ぎ、当時、隣国明の遺臣で我が国に亡命していた朱舜水の意見を用い、今見る様な中国趣味豊かな手法を加味した。
 因みに後楽園の名は、光圀が舜水に命じて選んだもので、宋の范文正の「岳陽楼記」中―士当先天下之憂而憂、後天下之楽而楽―からとったものである。その後も、たびたびの改修や震 火災で、創築時代の壮観さこそ失われたものの逐次手が加えられるなど、幾多の時代の変遷を経て現在に至っている。

 本園は、土の香ただよう奥深い山地と、樹林に包まれた 静寂な水面の中に各地の名所を写し、自然の美と人工の砂とを兼ねそなえた庭園芸術の粋を見せている。また、園内は数々の園亭祠堂があり、梅、桜、藤花菖蒲など四季折々の花が豊富○○○(読めなかった)では貴重な緑として、訪れるものに憩いの場を提供している。
 なお本園は、大正12年3月、国の史跡名勝に、また、昭和27年3月、文化財保護法により、特別史跡及び特別名勝に指定された。


 本園は江戸時代初期徳川御三家の一つである水戸家の祖、徳川頼房が寛永6年(1629年)この庭園を造りました。当時、京都に○て完成した廻遊式庭園を模範とし、京都風の庭園に自然風の手法を加えて造ったものです。2代目藩主光圀も自己の趣味を庭園の築造に生かし、特に、隣国明の遺臣で我が国に亡命していた朱舜水の意見を用い、手を加えて現在のような中国趣味豊かな庭園が出来たものです。また、朱舜水に園名を選ばせ後楽園と称しました。
 昭和27年3月、文化財保護法により、特別史跡及び特別名勝に指定されている日本でも屈指の名園であります。

 小石川後楽園の創設者や庭園についての紹介がありました。

初代・徳川頼房(1603~1661年)

 徳川家康の十一男。「御三家」の一つ・水戸徳川家の初代。慶長11年(1606年)弱冠3歳にして常陸下妻10万石を拝領。続いて同14年(1609年)駿府に移った兄の頼宣の後任として常陸水戸25万石を領した。ここに「水戸徳川家」が誕生する。
 小石川後楽園の創設は寛永6年(1629年)将軍家より小石川に邸地を76,689坪(約250,000m2)賜り、同年水戸藩上屋敷・小石川邸落成、居を移したことから始まる。頼房は徳大寺左兵衛に作庭を命じ、3代将軍家光とともに作庭の指示を行なった。
 水戸徳川家は大名の中でも数少ない定府(江戸住いのこと)であったため、常に江戸に在って将軍を補佐していたため、後の世に俗に「天下の副将軍」と称される事になる。

2代・徳川光圀(1628~1700年)

 水戸徳川家の初代頼房の三男として、寛永5年(1628年)水戸に生まれた。6歳のときに世子となって江戸に出、9歳で元服して光國、のちに光圀と名乗った。特に「水戸黄門」として有名だが、隠居した時に賜った「権中納言」を唐風に「黄門」と称したことから、人々に「黄門様」と親しまれた。
 寛文元年(1661年)父頼房の死によって水戸藩主の座につき、以後30年にわたって藩政を指導した。主に儒学を学んで人格を形成。儒学による教養を基礎として領内の民政に意をそそぎ、江戸時代を代表する名君の一人に数えられた。
 光圀の時代に当園は大いに整備され、朱舜水と共に中国趣味豊かな庭園を完成させたが、家光と頼房の志を継ぎ、一木一石を動かすことなく作庭したとされる。

朱舜水(1600~1682年)

 中国、明時代の儒学者。明が滅亡の危機に瀕したときに、日本に亡命し、長崎に渡った。寛文5年(1665年)、光圀により水戸藩に招かれ東上し、死去までの18年間光圀の師として水戸藩中屋敷・駒込邸(現在の東京大学農学部内)に入り、生涯をその地で過ごした。朱舜水は儒学や礼法を伝えたほか、新しい造園技法や農業技術改良など、各方面にわたって光圀に強い影響を与えた。当園への関わりは深く、当園の名を「岳陽楼記」から引用し『後楽園』と名付け、光圀が中国趣味豊かな景色を園内に取り入れる際には円月橋や西湖堤などの設計を意見したとされる。83歳で死去。没後は水戸徳川家歴代墓所である瑞龍山(国指定史跡・茨城県常陸太田市)の光圀の墓の麓に葬られた。

(続く)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)