かつては城塞があったとされる「本郷城」~東京大学の門(下)~

 東京大学(東京都文京区)には大学構内に入る門はいくつかあります。
 鉄門の入口の門。

鉄門の由来

 東京大学医学部と附属病院の創立は安政5年(1858年)、神田お玉ヶ池の川路聖謨の屋敷地に開設された種痘所にさかのぼる。種痘所は類焼により同年、下谷和泉橋通りに移転した。種痘所の門扉は厚い板を鉄板で囲い、鉄板の間を頭の丸い鋲釘で打ちつけ真黒に塗ってあったので、江戸の人々は種痘所を鉄門と呼んでいた。種痘所は西洋医学所、医学所、医学校、大学東校、東校、東京医学校と改称され、明治10年(1877年)に東京大学医学部となった。
 東京医学校は明治9年(1876年)に本郷に移転した。本館は時計台のそびえる洋館で、現在の附属病院外来棟玄関の辺りに建てられた。正門はその向かい、現在の南研究棟(通称赤レンガ)の位置(本地点より西に約30m)に設置された。移転当初は種痘所の門扉も使用されたが、やがて格子模様の鉄製扉に変えられた。
 当時、医学部正門は本郷キャンパスの正門であった。明治17年(1884年)に法・文学部が、翌年理学部が神田一ツ橋から移転してきたことにより、共通の公式門として本郷通り側に正門が設けられ、以後、医学部正門は鉄門と呼ばれるようになった。しかしながら、大正期に鉄門前の民有地が構内に取り込まれたため鉄門は撤去された。
 東京大学医学部の創立150周年を記念し、鉄門をゆかりのある無縁坂上に再建した。末永く多くの人々に愛されることを願うものである。

 その次。



 春日門は大きな通りにありました。

この門は2007年に既設の門を改修して整備された。門の西側の煉瓦壁は、明治時代の旧前田候爵邸の塀遺構であると思われる。名称は門が面する春日通りに由来する。

 ちょっと入った通りに懐徳門がありました。

 

この門は2007年に新設された。名称は明治40年に建てられた懐徳館旧館(旧前田候爵邸)に由来する。門扉脇の煉瓦造遺構は旧館の基礎を保存、展示したものである。

 懐徳門では、「旧前田公爵邸(懐徳館)西洋館の基礎」が見れました。

 この煉瓦の塊は、平成6年に総合研究資料館の増築に伴う発掘調査で発見された。旧前田候爵邸(懐徳館)西洋館の基礎の一部である。玄関脇の地下1階の小室部分にあたる。最下の捨コンクリートの防水層、床支持材の溝、切石の幅木が回る。
 この地区は、旧加賀藩主前田侯爵家の敷地であった。当主前田利嗣は明治天皇行幸のために屋敷・庭園の整備を企画し、明治40年に西洋館が竣工した。ルネッサンス風のデザインで地下2階、地上1階の大規模な建築であった。大正12年の関東大震災の後、建物と庭園は東京大学の迎賓施設「懐徳館」となったが、昭和20年3月10日の東京大空襲で炎上し、取り壊された。
 重厚で頑丈な基礎は、かつての優れた西洋館の姿を偲ばせるわずかな遺物である。

 そうして、赤門のある通りに戻ってきました、

 

(続く)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)