台場や豊洲の雰囲気が好きなんだよな~(笑)

 東京にやってきてから様々な東京の地域に行ったりしました。その中でもお台場(港区)や豊洲(江東区)の雰囲気は結構、お気に入りなんですよ(笑)。

 大都会「東京」は、高層ビル群が並び、そこを多くの人々がごった返し、時間と競争をしているような雰囲気のイメージがあったりするのではないでしょうか。
 そういった時間勝負の雰囲気とは違い、落ち着きがあってゆったりしている感じがあるのが、お台場や豊洲といった地域。

 ゆりかもめに乗って、新橋からレインボーブリッジを渡り、お台場、豊洲付近へと。
 ゆりかもめは社内がちょっと狭いのが難点なんですが、お台場や豊洲の雰囲気を少し高いところから見渡せるのがすごくいいんですね(笑)。
 「市場前」駅というところで降りたところ、周りは建築現場で囲まれていましたが、青空のいい天気がバックに、ゆりかもめの高架があって、ちょっとした広大な空間を感じました。



 このゆったりとした空間は、豊洲だからこそ感じられるものだと思います。お台場や豊洲は埋立地ということで、人工的な島。その人工的な部分が雰囲気となってあらわれていますが、その雰囲気がまたいい感じです。

 浅草といった伝統ある地域や下町、そして、高層ビルがそびえる丸の内や新宿といったオフィス街もいいですが、こうしたゆったりした落ち着きのあるお台場や豊洲も本当にいいと思います!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)