高低差のある地形で、今は住宅街になった「番神山城」

 神谷町駅周辺(東京都港区)の「西久保城」と、もう一つ「番神山城」があったそうです。この番神山城ですが、太田道灌塁とも言われるそうです。

 

 この番神山城は、案内板や石碑などは残っていないそうですが、江戸時代には出石藩仙石家があったそうで、「仙石山」の石碑がありました。

 

 この辺りは、坂が多く、高低差のある地形でありました。

 坂をのぼっていくと、ちょっとした広場があったりいい感じの住宅街があったりします。

 

 

 東京タワーもいい感じで見れました。

 「仙石山」の石碑周辺も住宅街でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)