異文化交流のヒントになる号

 雑誌「COURRiER Japon」の2015年3月号の特集は、「こうすれば世界の人と上手につきあえる。」!

 グローバル社会の現在、外国人との付き合いも増えてきていますね。日本国内にいても、外国人の存在は高くなっていて、生活や仕事でやり取りする機会も増えているように感じます。
 そうした中で、外国人とやり取りしていくヒントが盛り込まれていました。外国人の文化や習慣といった背景から、やり取りのヒントが書かれていました。

 気になった記事は、「「フレッシュスタート」でやる気を引き出し、今年こそは目標達成!」。
 新しい年になって、始めようとすることってありますよね。それは別にそうした場合だけではなく、自分なりの記念日をつくってやり始めるのも効果があるとのこと。

 「あなたも「起業」したくなる!? スタンフォードの「自分の会社」をつくる教室」も読み応え有り。

4/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)