舞台環境が大きく変わってのターミネーター、映画「ターミネーター4」

 正直、あまり期待せずに見たら、結構面白かったです(笑)。

“審判の日”から10年後の2018年。人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)。今や30代となった彼は、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。

 ターミネーターといえば、シュワちゃん! そのシュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)のターミネーターがあまり見れなさそうということ、時代も未来ということで、あまり見たいという気がしませんでした。というか、あらすじとかを読む前に、勝手にシリーズとは違う物語だという勘違いもしていました(笑)。
 といっても、ターミネーターシリーズは大好き。やはり、見てみないとわからないものですね。
 見てみると、結構、面白い! シリーズの筋書きもいい感じで、今回の未来の世界での話として楽しめます。突っ込む場面はあるかもしれませんが(笑)。

 前回までは、現在の世界の平和な状態に、ターミネーターという暗殺ロボットが襲ってくるというものでしたが、今作はもう戦争状態の舞台。だから、前作までとは雰囲気がガラッと変わります。
 なので、ターミネーターのあの独特な恐怖感は、違った方向性になっているように感じました。
 それをどう感じるか、で今作の感想は違ってきそうだなっと思います。ターミネーターのあの独特さをとるか、物語展開をとるか。

 あの独特な重みのある恐怖さは今作では軽くなっていました。といっても、なくなったわけではないので楽しめます。
 物語としては展開のリズムはいい感じで、人間ドラマもあったりと、クライマックスではターミネーター独特の恐怖さがドカ~ンときた感じで楽しめました。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)