古本だけじゃない神保町の魅力

 神保町(東京都千代田区)といえば、「古本街」というイメージをします(笑)。

 先日、雪だるまフェスタで神保町に足を運んで思ったのは、「神保町は古本だけじゃないな」っと感じました。(もちろん、本のイメージは強いものの、数々の食事ができるお店もあります。とここではそれは横に置いておいて(笑))

 古本巡りは「神保町だな」って思いますが、古本ではなく新品や新刊の本も神保町は魅力的な地域だと感じました。

 神保町を歩いていると、数々の書店があったりします。大きなところでは三省堂。それだけではなく、三省堂の近くでは東京堂書店があったり、書泉ブックマート岩波ブックセンターといった書店もあります。ちょこちょこと書店があったりして、新品や新刊の本巡りも楽しめるというわけです。
 この他に廣文館書店ブックハウス神保町もあり、神保町での本巡りは「古本だけじゃないな。新品、新刊も」っと思いました。

 本巡りを、新品や新刊、そして、古本(中古)と両方楽しめる神保町は本当に魅力的で、食事も多くのお店があって、楽しめる地域だと感じました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)