イルミネーションの華やかさが復活!? Caretta Illumination 2014『カノン・ダジュール Canyon d’Azur~光の渓谷へ~』

 カレッタ汐留(東京都港区)のイルミネーションを初めて見た時は衝撃を覚えました。それ以降、カレッタ汐留のイルミネーションを毎年見ていましたが、3Dマッピングを導入してからイルミネーションの演出広さが縮小してしまい、ちょっと残念に思っていました。3Dマッピングはすごく良かったのですが。

 ということで、今年のカレッタ汐留のイルミネーションはどうしようかと正直思っていたところ、テレビでの雰囲気を見て思い直し、見に行ってきました(笑)。

 今年は、Caretta Illumination 2014カノン・ダジュール Canyon d’Azur ~光の渓谷へ~』というテーマのイルミネーション演出が楽しめました。

 

 スペシャル・プログラム・ショーは17時から一定の時間になったら、演出が楽しめるみたいです。

 

凍てつく夜の澄んだ空。「雪解け」のように天から降り注ぐ光の雫。キャニオンテラスに青い光が満ち溢れ、「光の回廊」を散策する「春」。たゆたう青い光と音楽の饗宴に、天高く「光の柱」がそびえ立つ「夏」。カノンに鮮やかな光の花が咲き乱れ、「純白のツリー」が現れる「秋」。多彩なイルミネーションで、めくるめく世界があらわれる『カノン・ダジュール』の四季をお楽しみください。

という案内からも四季を感じる演出を楽しめました。

 幻想的な光の雫、アジュール(青)の世界に包まれる、約6分間の演出で、約25万球のLEDにより、天高くそびえ立つ約10mの「光の柱」が出現する一時の物語を楽しめるものでした。

 

演出プログラムの具体的な構成は、

・Scene 1:雪解け。天空から零れ落ちるスノーホールのきらめき。
・Scene 2:春。青い光が満ちて光の回廊となって優雅にあふれる。
・Scene 3:夏。天高くそびえ立つ光の柱がエネルギッシュに躍動。
・Scene 4:秋。色鮮やかな花が散り、純白のツリーが樹氷に輝く。
・Scene 5:光達のカーテンコール。光の渓谷へといざなう光の道。

という感じです。

 別のポイントからの演出はこんな感じ。

 

 もちろん、ショーではない普通の状態も楽しめます。

 

 

 多くの人々がイルミネーションを見ていました。私もその一人(笑)。

 

 最初の衝撃とまではいきませんでしたが、(3Dマッピングはないものの)そこそこ大きなスペースでの演出になっていました。
 カレッタ汐留の他のポイント(スカイビューなど)でも楽しめる演出になっているみたいです。

 このイルミネーション演出、11月13日から2015年1月12日まで、17時から23時(予定)まで楽しめるみたいです。

 この他に、周辺(日テレなど)でもイルミネーション演出が楽しめました。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)