ユーモア溢れるコミカルさで戦国の会議を楽しめた、映画『清須会議』

 秀吉の策略を、お茶目な展開で楽しめました。

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

 織田信長といえば戦国武将でも代表的な武将の一人にあげられるでしょう。その信長が討たれた「本能寺の変」の後の、織田家の今後を決める話し合い「清須会議」を描いた作品。
 信長亡き後の戦乱の行方を、会議などといった評定という舞台を描いたもので、その背景の策略をコミカルに描いて、歴史の面白さを感じさせてくれました。
 戦国時代は戦争ばかりなイメージですが、こうした会議も開かれており、その会議も一つの戦場だったといえますね。その評定が戦国時代の行方の一つのポイントにもなったことから、その重みがわかりますね。

 物語は、秀吉や勝家などの環境をうまくあらわして、策略をユーモアでコミカルに展開しており、物語を楽しめました。
 ただし、そのコミカルさで楽しい雰囲気止まりでもありました。クライマックスでドカ~ン!とくるものがなかったのが残念。そういうことで、普通に楽しめる映画でした。

6/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)