終末のフール/伊坂幸太郎

<あらすじ>八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは? 今日を生きることの意味を知る物語。(著書あらすじより抜粋)

 伊坂幸太郎の新作、ということもあって、発売してからというもの、気になっていました。
 『オーデュボンの祈り』の不思議な空間に、なぜか吸い寄せられて、伊坂ワールドを読みたくなってしまう。

 今作は、3年後に小惑星が地球に衝突する。あと3年をどう過ごすのか?ということが設定になっている。
 生きることの意味を考えさせてくれる作品で、実に興味深いだろうっと予想していました。

 ただし、読み始めたところ、今作は短編の集まったものであることを知り、ちょっとショックを受ける。正直、短編小説をあまり読まないというか、今の気分ではなかったというのが正直なところ。
 本の前半は何となく読み進めていった。読み進めていくと、実は、短編はある意味、つながっていもいることに、ちょっとした面白みが出てくる。うまく、前の話の登場人物・主人公が出てきたりと、物語のイメージを思い浮かべることができ、面白いスパイスを与えてくれる。

  「終末のフール」「太陽のシール」「籠城のビール」「冬眠のガール」「鋼鉄のウール」「天体のヨール」「演劇のオール」「深海のポール」という短編物語が、この順序で展開されていく。

 本の後半戦からが、面白くなった。
 それというのも、自分にヒントとなるシーンが登場するようになった。「鋼鉄のウール」あたりからが、自分に響いていくことになった。

 「鋼鉄のウール」はあるキックボクサーがいて、その人が対談で、「隕石なるものが降ってきて、死ぬとわかったらどうするのか?」みたいなことを聞かれ、「何も変わらない」という答えを出したこと。一見、「なぜ?」と思うかもしれないが、これ、実に重要なことだと思う。なぜなら、人生、真剣に考えてみれば、今を大切に生きることだから。
 「天体のヨール」は、ある天体オタクがいて、どんなときも星を追っかけている。小惑星が降ってくるというときも、間近でしかも、こっちに向かってくるということを、「星を見れる!」という最高の好奇心を持ち、いかにそこまで夢中になることがすごいことかを感じた。
 「演劇のオール」では、主人公が演劇を断念して帰ってきてからというもの、いろいろなところで、役をつくっていた。しかし、その関わってきた人々がひょんなところから、集まるという面白い展開に、やはり、人と人とが集まってくる奇跡を感じた。
 「深海のポール」では、山に向かって上れという主人公の父親。山があって必死で登っていくこと。途中で引き返そうとすることをするなと。山を必死で登っていけば、格別な眺めを味わえる。必死になって前に進んでいくこと、人生においてとても重要なことを言っているように感じた。

 本の後半から面白くなってきたわけですが、前半の物語があることが重要だったかもしれない。前半での登場人物や主人公がスパイスとなって後半を盛り上げてくれたとうに感じる。

 ちょっとした人生のヒントが見えて、元気が出た物語でありました。

『終末のフール』
作者:伊坂幸太郎
発行所:集英社
集英社文庫
価格:本体629円(税別)

本日の万歩計:11,845歩

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)