東京ミッドタウンのイルミネーションはやはりすごい! 『MIDTOWN CHRISTMAS 2014』(下)

 もちろん、東京ミッドタウン(東京都港区)のイルミネーションMIDTOWN CHRISTMAS 2014』は、これだけではありません!
 東京ミッドタウン入り口にあたる外苑東通り沿い、プラザ1Fは、ウェルカムイルミネーションが出迎えてくれました。プラザエリアでは地球上の「自然現象」をイメージしたオーロラやサンライズ、レインボー、ブルースカイをイルミネーションで表現。フルカラーのLEDで表現する4種類の自然現象が15分ごとにゆっくりと移り変わり、様々な表情を楽しめるそうです。

 

 

 

 プラザ1Fでは、赤、白、ピンクなどの高さ2~3mのカラフルなお花のツリー「ウェルカムツリー」が楽しめました。

 

 ガレリアの吹抜けには、ダイヤモンド・ダストが楽しめました。限られた厳冬の地域だけに出現する光の奇跡「ダイヤモンド・ダスト」をテーマにした装飾で、雲間や山の稜線から太陽が差し込んだ時に、氷の粒が光を受けて輝く『サンピラー太陽柱)』と呼ばれる現象を表現しているそうです。

 その他に館内では、サンタツリーフロストフラワー・シャンデリアも楽しめるそうですが今回は見ませんでした。

 スターライド・ロード(ホワイトとブルーを基調に演出)やシャンパン・イルミネーション(9本の木々に約2万個のホワイトLEDと雪が舞い降りる様を表現したスノーフォールを使用したイルミネーション。シャンパングラスの形とスノーフォールで演出された舞い降りる雪の雰囲気を演出)。

 

 ツリーイルミネーション(散歩道にはキャンドルの炎色のような暖かみのあるイルミネーション)や奇跡の木(東京ミッドタウン開発前の旧防衛庁時代から、この土地を見守ってきた樹齢約60年のクスノキ、通称「奇跡の木」。ミッドタウン・ガーデンの木々の中でも存在感を放ち、象徴とも言えるクスノキを、約1万300個のLEDで装飾)、エンヤツリー(世界の歌姫エンヤさんが植樹。人と自然の共生の願いが込められているそうです)なども楽しめました!

 

 東京ミッドタウンのイルミネーションは、11月13日(木)から12月25日(木)まで楽しめるそうです。(ウェルカムツリーは12月19日(金)まで)

(終わり)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)