オーデュボンの祈り

<あらすじ>コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外来から遮断されている”荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか?(著書あらすじより抜粋)

 伊坂幸太郎を知ったのはこの小説「オーデュボンの祈り」。書店で1位になっていたのを機に、手にとってみた。
 あらすじ、書店のポップを読んで、どこか、不思議な感覚を味わい、買ってみたものだ。

 不思議な感じは、物語にも味わった。設定がまた不思議な感じだ。
 コンビニ強盗を犯し、逃走した主人公の伊藤。しかし、気がついたら、知らない島にいたという。しかも、その島がまた不思議な島で、日本という国の常識が通じない。制度も違い、戸惑う主人公。
 この不思議な感じが面白かった。島の人々は昔から島に足りない何かを島の外の人が持ってくるという言い伝えをどこか信じている。その何かをさがす旅がこの物語になる。

 何かをさがす、島の人と主人公。物語は不思議なことに満たされている。生活を支えることやものが不思議と見えつつ、ある意味、何もおかしくもない。しかし、おかしい。不思議な感じといえば、適切なのだろう。
 そう。島の人々も、普通であるようで、不思議。それを支える交通手段から生活習慣なども不思議。

 そんな不思議な世界が島中に存在している。
 
 物語はその不思議な感じで夢中にさせられる。がしかし、後半から暗雲がたちこめた。
 その不思議さの魅力がどことなく薄れ、飽きてきたのだろうか、夢中さという勢いをなくして読んでいった。

 不思議さはあるのだけど、どことなくインパクトに弱く終わったという感じである。
 アップテンポな感じがすきであれば、あまり向かないが、どこかその不思議な感じが好きで、引き込まれるのがあえば、面白い作品でした。

『オーデュボンの祈り』 
作者:伊坂幸太郎
発行社:新潮社
新潮文庫
価格:本体629円(税別)

本日の万歩計:14,423歩

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)