青インクが面白い!

 万年筆を使うようになってから、青インクの文字の良さを感じるようになりました。
 万年筆では、ブルーブラックやパイロットの色雫シリーズでの「深海」の色を使っています。ブルーブラックはメーカーによって微妙に色が違い、私はペリカンのブルーブラックが結構好きですね。

 そういうことで、万年筆は青系の色を使っているせいか、ボールペンも青色のインクを使いだすようになりました。
 メモやノートに青インクで書くと、黒インクと違いすごく新鮮でした。それはそうですね。今はまだ書きはじめたばかりなので、ちょっと不思議な感じを抱いています(笑)。これまで黒インクで書いていましたが、青インクで書かれたノートやメモは面白いですね。

 そこで、ちょっと本体のボールペンを物色。ちょっと面白いなっと思ったのが、ラミーLAMY)のイコンecon)。

(写真上はステンレスそのままというデザインのイコン、写真下は黒バージョン)

 ステンレスそのままのボールペンというシンプルなデザインでCool!
 これに青インクの芯を入れて使っています。一見すると黒インクで書かれるかと思いきや、青インクっていうのが面白そうだと思い、青インクにしています(笑)。
 そして、イコンの黒バージョンもGet!
 はじめは、このイコンの「黒」バージョンに青インクを入れていましたが、こちらは黒インクにして遣っています。ペン本体の素材がマットな感じでCool!
(まぁ、今後、中のインクの色はまた変えるかもしれませんが、笑)

 そして、もう一つ。rotring多機能ペン4in1」もいい感じです。

 こちらは、黒・赤・青インクのボールペンとシャープペンの4つの多機能ペン。青インクの色はラミーより濃い感じの色でした。

 ということで、青インクを楽しんでいます。
 青インクを使っていて、さらに「これは便利だな」っと思ったことがあります。資料にメモをした時に、資料の文字色(大体は黒や赤だったり)との違いがわかるということ。つまり、視覚的にも単純にわかるというメリット。

 まぁ、正式書類などは日本では、黒インクが一般的なので、そういう時は黒インクを使うと思います。でも、青インクでもいいという話もありますし、外国では青インクを使うのが普通だとも。
 これから青インクを楽しみたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)