小説の効果

 小説を読むと、脳が安らぐ。
 張り詰めていた脳が、小説でマッサージされて、柔軟にほぐされていく。

 疲れているときに、何気なく小説に夢中になることで、疲れが安らぐ。

 もちろん、眠さが勝ることもあるけど、それでも、脳がほぐれる感じ。

 だから、小説はいい!

 本日の万歩計:21,817歩

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)