水戸を歩きました! ~弘道館と周辺~(3)

 水戸城本丸跡を見てからは、弘道館の公園を歩いたり周辺を歩いてきました。

 

 学生警鐘楷の木

 

 弘道館公園を過ぎると、鹿島神社がありました。

 茨城県三の丸庁舎、県立図書館前には、空堀がありました。

 この場所は、旧水戸城三之丸の西端に造られた空堀の跡である。水戸城の歴史は、平安末期から鎌倉初期の頃に、馬場小次郎資幹が東西に長い台地の東端に館(たち・やかた)を築いたことに始まる。その後、室町中期の応永年間頃に、河和田城主江戸通房が馬場館(水戸城)を襲撃して城主となり、160余年間にわたって江戸氏の水戸城支配が続いた。しかし、戦国末期の天正18年(1590年)12月に常陸太田の佐竹氏が水戸城を急襲攻略、翌年3月に佐竹義宣が入城して、水戸城は、佐竹氏支配の時代へと移る。
 義宣は、一段低い丘の東端を下之丸、その上の段丘を本丸、堀を越えて二之丸、その西側に三之丸の廓を造るなど城郭の整備を進めていったが、慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦に際し、徳川家康方に参陣しなかったため、慶長7年に突然秋田への国替えを命ぜられ、佐竹氏による水戸城支配は、実質12年間で終わりを告げた。
 豊臣氏没落後、東北諸大名の押さえとして水戸を重視した徳川家康によって、まず5男武田信吉が、次いで10男徳川頼将(頼宣)が封ぜられたが、慶長14年(1609年)に11男の徳川頼房が城主となるに及んで、水戸城は、明治初期まで水戸徳川家260余年間の領内支配(28万石、後に35万石)の中心となった。
 頼房は、寛永2年(1625年)頃から水戸城の大修築を行った。城郭としての構造は、佐竹氏の時代とほぼ同じで、東から下之丸、本丸、二の丸、三之丸がおかれ、水戸城の中心は二之丸であった。また、三之丸は北・中・南の3地区に分かれ、重臣屋敷が甍を並べていたが、9代藩主斉昭が天保12年(1841年)に、中三之丸の地に藩校弘道館を建設したことから、文教学問の中心地区が形成された。現在、水戸城跡の史跡指定区域は、本城桝形及び土塁(水戸一高)、大手門桝形及び土塁(茨城大付属小、水戸二中)、県庁正門の土塁・空堀の3か所となっている。
<旧水戸城三之丸空堀跡>
 三之丸西側のこの空堀跡は、台地を掘削して造成された水戸城外堀で城内と町屋地区とを区画する重要な役割を持っており、古絵図を見ると空堀であったことがわかる。また、水戸城の塁壁は全体が土塁と土の堀で、石垣は構築されなかった。ただし、家康や3代将軍家光の頃に、2度ほど石垣構築の命が出され、一部石材の準備もなされたが、実現を見なかったと伝えられている。今に残る三之丸西側の空堀跡は、往時の水戸城を偲ばせる貴重な史跡であり、春の桜花や秋の黄銀杏の彩りも見事な場所である。

(続く)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)