水戸を歩きました! ~水戸城跡~(2)

 その先には、見晴台があるという場所へ。

 

 奥の見晴台からは市街を楽しめました。

 

 そうして、本城橋を渡れば水戸城本丸

 本城橋を渡り入っていくと、ついに本丸の姿が!? といいたいところですが、残念ながら本丸はなく跡地でした。現在は茨城県立水戸第一高等学校があります。

 

 

 水戸城は、建久4年(1193年)。源頼朝から地頭馬場資幹がこの地を賜り、大掾に任ぜられたのに始まる。以後、馬場大掾氏は9代約240年間、下の丸(現:本校運動場)の辺りに居館を構えた。次いで那珂道辰の子孫、皮和田城主江戸道房が大掾満幹の留守に水戸城を占拠。それ以来7代、165年間、江戸氏が支配した。当時は内城、宿城と浄光寺の3つの曲輪より成っていた。
 天正18年(1590年)太田城の佐竹義宣が江戸氏を討伐、本拠とした。佐竹氏の時代は、慶長7年(1602年)義宣の秋田移封まで僅かに13年。この間、内城を古実城と称して本丸化し、宿城を二の丸(現:水戸三高・水戸二中・茨大付属小)とするなど曲輪を整えた。城の出入口も東側から西側に移し、橋詰門を建て、また二の丸に大手門などを造った。
 17世紀初め、甲府の武田信吉や徳川頼宣が一時封ぜられたが、慶長14年(1609年)、家康の11子頼房が城主となり、その後、徳川氏は江戸定府ながら光圀(第2代)、斉昭(第9代)を経て昭武(第11代)まで約260年間、35万石の水戸領を治めた。明治4年(1871年)廃城。徳川期の本丸には兵器庫、二の丸には三階櫓があった。
 本校の前進茨城県尋常中学校がこの地、本丸の城址に新築、移転したのは明治29年(1896年)9月、後に水戸中学校となり、昭和20年(1945年)空襲で全焼同23年に現在の水戸第一高校となる。空堀と土塁の一部と復元された橋詰門が城址の名残りをとどめている。

 

 立派な門があり、これは旧水戸城藥医門。すごく立派でした。

 この城門は、旧水戸城の現存するただ一つの建造物で、形式は正面の柱の間が3つ、出入口は中央だけの三間一戸の薬医門、2つの脇扉がついている。
 薬医門とは、扉を支えている本柱とその後にある柱(控柱)で支えられた屋根の棟の位置を、中心からずらす形式で、側面の姿は対称形ではない。正面から見ると、軒が深いため門はゆったりとして威厳があり、大名の城門にふさわしいので、多くつくられた。
 建立の時期は、構造や技法からみて安土・桃山期と推定される。建物の各部分に用いている木材の大きさの割合、すなわち木割は太く、屋根面の相交わる部分に用いてある木材(棟木)は見えるようになっている化粧棟木で、棟木を支えるとともに装飾となっている板蟇股は雄大、また化粧垂木の端の反り増しの技法、柱の上にあって軒桁を支えている横木(実肘木)やえぐって曲面にした板蟇股の部分(繰形)の形状などからみると、恐らく佐竹氏の時代(1591~1602年)に創建され、徳川氏に引き継がれたものといえよう。
 城門のあった位置には諸説があるが、城門の風格からみて橋詰御門、すなわち本丸の表門と考えられる。永らく城外に移されていたが、昭和45年4月17日、水戸市指定建造物となる。昭和56年9月、この城門にふさわしい旧本丸の入口に近いこの場所に移築、復元した。その際部分補修をするとともに、切妻造の屋根をもとの茅葺にかえて銅板葺とした。

(続く)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)