自分達の伝統を大切にしつつ生活している姿を感じた、長倉洋海写真展「その先の世界へ」

 9月27日(土)、東京都中央区のトレランス銀座ビル1FのCANON GALLERYで開催されていた長倉洋海氏の写真展「その先の世界へ」を見に行ってきました。(写真展は9月25日(木)から10月1日(水)まで開催)

 

 私が会場に着いた時は15時過ぎ。長倉氏のギャラリートークが終わった頃でした。ちょっと残念。

 

 2013年、1年に及ぶ新しい旅の中で、内戦が終結し平和への祈りを捧げるスリランカの人々や、死者を迎えるメキシコ先住民、サハラのボロロ遊牧民などの写真を見ることができました。
 世界には様々な人々がいて、先住民や民族といった伝統的な生活をしている人々も多く存在します。
 自分達の生活文化を大切にして、生活している人々の姿を写真を通じてみることができました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)