自分の人生をどう働く?

 雑誌「COURRiER Japon」の2014年11月号の特集は、「僕たちはみな、自由になるために働いている。

 つまり、自分達の人生のために働いているということで、様々な働き方を紹介していました。それも、日本では「なかなかこんなこと……」っていうぐらいの常識がぶち破られるような働き方だけど、特集では日本の会社も取り上げられていてビックリ!?
 「まだまだ日本の未来も捨てたものではないな~」っと感じる内容でした。

 興味深かったのは、連載モノで「山口絵里子の『世界の肌ざわり』」。その中で、「いつも先々のことを考えながら、気を配って行動」という文章がすごく印象的でした。
 記事では、ある人物のことを取り上げていたんですが、その人物が先を考えつつ行動して、それがすごくプラスになっているという。

 他にも、「東京の『ハイテク防災公園』がすごい!」の記事。
 日本は地震や災害などに多く見舞われてきた過去があり、そこから「防災公園」というものが生まれました。そのすごさを記事では書かれていて、読んでいる私自身もここまで気が付いていなかったとビックリさせられました。

6/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)