う~~ん、物語もCGもグダグダ感で残念だった「ゴジラ2000 ミレニアム」

 う~~ん、ゴジラ映画好きなんですが、今作は「なんだかな~……」ってがっかりな感じ。

98年アメリカ・ハリウッドで製作されたゴジラが、再び日本を舞台に新生ゴジラとして復活。北海道・根室。ゴジラの調査を続けるゴジラ予知ネットの篠田の予知どおり、ゴジラが姿をあらわした。ゴジラは町を破壊し姿を消す。一方同じ頃、茨城県鹿島灘沖の海底でCCI(危機管理情報局)によって巨大な岩塊が発見さる。やがて、岩塊の引き上げ作業が行われるが、岩塊は突如自力浮上を始める。そして、岩塊の調査が進められていたさなか、ゴジラが今度は茨城県東海村に出現した……。

 ゴジラ映画好きなんですが、今作はちょっと……。
 物語は最初からゴジラが大暴れなんですが、どこかグダグダ感な物語展開。ゴジラが出現するんですが、どこかゴジラを衝撃的に見せすぎているのか、動きがない展開ばかり。
 それに、ゴジラの動きにちょっと違和感を覚えてしまった……なんだろう、あの倒れるのかという心配になる動きといえばいいんでしょうか。
 そして、さらに追い打ちをかけたのが、ゴジラとリアルな街や海岸線との合成が、「これはちょっとやばいんでは……」って感じてしまうぐらいだったこと。これはさすがに……という感じでした。

 最後のクライマックスも、思わず「こうして倒すんかな」ってわかってしまった(笑)。

 ゴジラの衝撃さを感じたかったけど、なんかすごく中途半端になってしまった。残念。

3/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)