吉祥寺を活気にした「第42回 吉祥寺秋まつり」

 9月14日(日)に、東京都武蔵野市の吉祥寺で開催された「第42回 吉祥寺秋まつり」に行ってきました。(祭りは9月13日(土)と14日(日)開催)

 活気ある太鼓の演出。

 

 サンロードでは熱気溢れた御神輿が楽しめました!

 

 

 吉祥寺駅前での御神輿の様子もGood!

 

 武蔵野八幡宮では屋台が楽しめました。

 

 

 武蔵野八幡宮~吉祥寺の氏神様~は、平安時代の初め(789年)に創建された古社で、明暦の大火(1657年)で移住してきた住民達により吉祥寺村が開村されて以来、村の氏神様として崇拝されるようになったそうです。9月の秋のお祭り、11月の酉の市には多くの露店で大変賑わい、正月3が日の初詣には200~300mの行列が連日続くそうです。「お宮参り」、「厄払い」なども行っている吉祥寺の氏神様です。

 武蔵野八幡宮の例大祭は、年間に大きく5つの祭祀[歳旦祭(1月)、節分祭(2月)、祈年祭(5月)、例大祭(9月)、新嘗祭(11月)]が行われています。例大祭は収穫感謝の祭りです。毎年9月15日に行われ、例大祭を含む歳旦祭、祈年祭、新嘗祭の日だけ本殿がご開扉されます。以前は吉祥寺秋まつりも9月15日に開催されていましたが、学校が隔週土曜休みになる第20回(平成4年)より例大祭の前の土日開催に移行したそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)