さんまの匂いと祭りの熱気に包まれた「第38回 目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)」

 9月14日(日)、東京都目黒区で「第38回 目黒区民まつり」が開催されました。この祭りですが、「目黒のSUNまつり~広げよう出会いの広場~」とか「目黒のさんま祭」の名称も。

 天気はすごく良く、また暑い夏真っ只中を思い出す日になりました。

 「目黒」駅から歩いて10分ほどで会場に着きました。
 会場は、「田道広場公園」「目黒区民センター」「田道小学校」「田道ふれあい橋」でイベントが楽しめました。

 目黒川沿いの道には人々の長蛇の列がありまして、この列はさんまを無料で味わえるための列。1時間コースぐらいっすかね(笑)。私は列には加わらず、雰囲気を楽しんできました。

 田道広場公園では、先ほどのさんまを無料で味わえるコーナーやふるさと物産展などが楽しめ、さんまの煙と匂いがすごかった!

 

 私が行った時は、太鼓の演出が楽しめました!

 田道小学校では、子ども広場のコーナーがあり、巨大迷路工作など子供達が楽しめる内容でした。

 

 踊りの演出も楽しめました。

 田道ふれあい橋では、東日本大震災復興支援イベントで、被災地などの物産展がありました。

 目黒区民センターでは、おまつり広場で区民ホールでは私が行った時には、落語が楽しめました。

 その他に、様々な物産展が楽しめ、演出も楽しめました。

 

 さんまの匂いを味わいつつ、様々な演出が楽しめた祭りでした!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)