ハリウッド版の締まった人間味あるゴジラ、映画『GODZILLA ゴジラ』

 ハリウッドゴジラの第2弾となる今作は、前作のハリウッド版よりも「ゴジラらしいゴジラ」になっていました。そこには、ハリウッドさがいい感じに演出されていました!

1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。
(映画のあらすじより)」
(ネタバレ注意ですので、読まれる方は注意!)

 ゴジラ好きにとっては気になる作品ですよね。前作のハリウッド版「GODZILLA」は、日本のゴジラを見てきた私にとっては、「ゴジラじゃない・・・・・・」とショックを受けたのを覚えています。そんなショックもありつつ、今作のことを知った時は「前作のようなことにならないだろうな……」とちょっと疑いの目で見てしまいました。しかし、ポスターとか見るとその疑いの目は少し緩和。

 と、前置きが少し長くなりましたが、「今作はどうか?」というと、結構いい感じでした! ゴジラ自体はすごくGoodで、ハリウッド特有の凄味があってグッド!

 物語はというとちょっと残念。物語自体は結構、ヒューマン的な物語とうまく融合されていい感じになっているんですが、ゴジラを意識するとちょっと足りない感じがありました。やはり、「ゴジラが見たい」んですよ(笑)。そして、ゴジラが闘っているシーンや、恐怖をまき散らして街を練り歩いているシーンとかをもっと見たいわけです。それが……。
 ゴジラや敵対怪獣の最初の登場シーンはすごくいい! それに、激闘しているメリハリ感はすごい! 物語全体はちょっと「シンプルに」という感じですごく締まったつくりになっていると思います。
 だけど、「激闘シーンの時間がもっと欲しかったな~~」。激闘シーンで盛り上がりを見せようとするのを「焦らす焦らす」って感じです。最初の激闘シーンで「お~!? ついにきたか~!!」って盛り上がったと思ったら、テレビのニュースで繰り広げられる展開になり、あっという間に次のシーンへ……これはすごくショック。そして、次にアメリカ本土での対決の前半も「さぁ~ファイ!」と対決のゴングで対決が始まったかと思ったら、最初の一発目の戦闘で次のシーン……これには、「おいおい……」ってなりました(笑)。「ちょっとため過ぎだろう」って。
 これは、クライマックスにその興奮をためていたんでしょう。そのクライマックスはすごく締まった感じで、これはこれでゴジラの凄味がすごく伝わるクライマックスで映画の終わり方だったと思います。ただ、これが「『ちょっと締めすぎだろう』と感じる人もいるだろうな~」って。そこには、もうちょっとゴジラの激闘シーンがあれば、もっと良かったのかなっても。
 でも、クライマックスで特に思いましたが、ハリウッド版ゴジラのあの身のこなし方はどこか人間味のあるような、それにすごく重量感がある身のこなし方で、それが結構、いい感じでした。「これはこれでありなだ~」って感じさせてくれるものでした。

 物語は、このゴジラや敵対怪獣のムートーに翻弄される展開と、家族愛の物語が融合されて展開されていきます。
 そして、もう一つ。ちょっと不思議な感じだったのが、ムートーの必殺技である電磁パルス。科学技術が無力化して人間が何もできない無力感を味わうなど、私達への大きなメッセージになっていて、これはこれでGoodな要素だと思います。ただ、ゴジラに対してはあまり、という感じでした。

 今作はハリウッド特有のメリハリさがあって、ゴジラを引き立ててくれました。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)