映画館で見る醍醐味

 先日、久しぶりに映画館で映画を見ました

 最近はDVDを借りてきて、家で映画を楽しむことが多くなっていました。
 映画館で映画を見るのに躊躇してしまうのは「値段が高いこと」。昔は1,000円ぐらいで見れたと思いますが、最近では2,000円近い。これにはちょっと躊躇してしまいます。まぁ、設備のことなど様々な要素が絡んで、今の値段になっているのでしょうけど。
 それでも、映画館で見た方がいい映画ってありますよね。個人的には、すごく好きな映画や、アクションやSF系の映画は大スクリーンで迫力ある映像と音楽で楽しさは倍増すると思います。

 そんなこんなで、久しぶりに映画館の大スクリーンで映画を楽しんだのですが、映画館の大スクリーンによる映像と音楽はやはり格別ですね。
 映画館特有の暗さと、大スクリーンによる迫力ある映像と音楽により、「いつの間にか、映画に引き込まれている」のに気が付きました。
 もちろん、映画が面白いということも理由の一つになるでしょうけど、「物語に夢中になりやすい環境になっているんだな~」っと思いました。

 こうしたメリットは、やはり映画館特有のものでもあるのでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)