ゴジラ特撮を楽しめる「大ゴジラ特撮展 ゴジラ60年激闘伝説」

 8月9日(土)、サンシャシンシティ ワールドインポートマートビル(4F Aホール2・3)(東京都豊島区)で開催されている「大ゴジラ特撮展 ゴジラ60年激闘伝説」に行ってきました。(このイベントは、8月2日から8月17日まで開催)

 これまでのゴジラの歴史、そして、特撮の歴史を楽しめる展示内容(「ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』スペシャルゾーン」、「昭和ゴジラゾーン」、「平成ゴジラゾーン」、「ミレニアムゴジラゾーン」、「ゴジラシアター」、「大ゴジラ百貨店」)となっていて楽しめました。

 入り口からやってくれます!? ゴジラの尻尾が出迎えてくれました。

 同時に、ゴジラジュニアも出迎えてくれました(笑)。

 これまでのゴジラの映画の予告が楽しめる映像コーナーや歴代ゴジラの顔が楽しめたり。
 そして、ゴジラのミニチュアでの特撮の雰囲気を楽しめるコーナーも! これには、多くの人々が夢中になっていました。

 

 その他に、特撮の雰囲気のセットや映画で使用された武器や兵器などが展示されていたり。
 ミレニアムゴジラ関連の怪獣のコーナーでも多くの人々が夢中になっていました。もちろん、私も(笑)。

 

 

 

 ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』のコーナーもありまして、ハリウッド版ゴジラやその撮影関連の映像があったり。(これは、映画をまだ見ていないので、少しだけ見るだけにしました)

 最後はゴジラグッズのコーナー。特撮展だけでのお土産などもあり、夕刊新聞とパンフレットを買ってきました(笑)。

 

 

 スタンプも!

 ゴジラといえば怪獣の代名詞です。
 その世界的知名度は、日本のテレビ・映画が生みだしてきた多くの怪獣やキャラクターの中でも頂点を極めています。
 ゴジラのデビューは昭和29年11月3日封切の東宝映画、『ゴジラ』です。
 この第一作目の『ゴジラ』は、「特撮映画の金字塔」「史上最高の怪獣映画」と称賛される、まさに記念碑的作品です。
 世界に誇るべき「特撮映画」というジャンルを日本に確立させ、後世の映画制作者に多大な影響を与えました。
 日本のキャラクターとして唯一、アメリカ・ハリウッドのウォークオブフェイムにも名をつらねているゴジラ。
 そして2014年、ゴジラ生誕60周年となるこの年に新作映画、『GODZILLA ゴジラ』が公開されました。

 本展では、第一作目の『ゴジラ』から最新作までのゴジラ映画の歴史を振り返り、各時代の貴重な品々を展示します。

 ご家族で、友人同士で、カップルで、素晴らしい「ゴジラ」の世界をお楽しみください。
(案内より)」

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)