東京スカイツリー付近からも楽しめる「第37回 隅田川花火大会」

 昨年は、大雨で約30分で中止になった「隅田川花火大会」。
 今年は日中からものすごいいい天気で開催されました。7月26日(土)、「第37回 隅田川花火大会」が開催されました。

 今回はちょっと違ったポイントで見ようと思いまして、ちょこちょことスポットを情報収集。少し遠方からも検討しつつ、ある程度ここにしようというポイントに決めたのが、「東京スカイツリー」近辺。
 東京スカイツリーの東武鉄道本社近くの踏切周辺です。

 19時5分の花火開始前20分前ぐらいに着くと、花火を見に来た人がそこそこいる感じ。そのおかげで、花火を見る場所もおさえられました。
 第一会場の花火と第二会場の花火が見れる地点っぽいことで、東京スカイツリーと花火がコラボレーションする光景を楽しみにしつつ、花火開始まで待機。

 19時5分になると、第一会場の花火がビルの向こう側で打ちあがりました。

 



 19時30分からは第二会場の花火が始まったのですが、第二会場の花火はいっこうに見えない。しばらくは「まだ打ちあがっていないのかな」っと思い、第一会場の花火を見ていましたが、明らかに第一会場の花火の音ではない花火の音が聞こえてきて(笑)。
 花火開始から約45分過ぎ辺りに、今回、一つの場所で見るのではなく、移動しつつ花火のポイントを探ったりして、楽しむことにしました。

 まずは、踏切を越えてみました。そうすると、なんと、ちょっと遠くで小さいですが、東京スカイツリーの少し右側に、花火が見えました。第二会場の花火ですね。

 この地点からは、二つの花火が楽しめました。

 そうして、東京スカイツリーの方向へと少しずつ移動していきました。

 

 東京スカイツリーと線路の間の歩道からも結構、いい感じで花火が楽しめました。

 

 せっかくなので、東京スカイツリーの4Fのスカイアリーナにダメ元で行ってみたら、見れました(笑)。

 しかも、第二会場も!

 最後に「とうきょうスカイツリー」駅近くからも!

 いつもなら、フィナーレまでいるのですが、今回は花火終了20分前ぐらいで引き揚げてきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)