そこそこ楽しめはするが物足りない、映画「アメイジング・スパイダーマン」

 これはこれで、そこそこ楽しめるけど。

高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は両親が失踪した8歳のときから伯父夫婦のもとで暮らしていた。ある日、ピーターは父リチャード(キャンベル・スコット)の共同研究者だったコナーズ博士(リス・エヴァンス)のもとを訪れ、研究室で特殊なクモにかまれてしまう。その直後、ピーターの体には異変が起き……。

 あのトビー・マグワイヤが演じる「スパイダーマン」の衝撃さはなかった。
 今作は、トビー演じる「スパイダーマン」の雰囲気とは違う物語で、それなりに楽しめます。ユーモアもありつつ、といっても、ちょっとしたユーモアで、トビーの時のような雰囲気が好きな私にとっては、ちょっと不発ですね。
 トビーの「スパイダーマン」の時のようなスリルさや衝撃さ、クールさは、今作ではありませんでした。それでも、違った持ち味のスパイダーマンの雰囲気が楽しめるということで、今作は今作でありだとは思います。

 ちょっとグッときたのは、クライマックスのシーン。どこか、助け合いという場面でグッときました。
 それなりに楽しめる作品になっています。

4/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)