名場面だけでなく、ユニフォームも楽しめる『AP通信ワールドカップ報道写真展 1930-2014 CELEBRATION OF FOOTBALL IN BRAZIL』

 6月11日(水)から丸の内地下の行幸地下ギャラリー(東京都千代田区)で、「AP通信ワールドカップ報道写真展 1930-2014 CELEBRATION OF FOOTBALL IN BRAZIL」の展示が始まったので、早速見に行ってきました。

 第1回の1930年ウルグアイ大会から2010年南アフリカ大会までの歴代の名場面や有名選手の活躍などが写真で楽しめました。

 

 やはり、この瞬間は見る側も圧巻ですね。

 ゴールの興奮は本当に見ていて感動!

 中田英寿選手のこんな場面もありましたね~。

 過去の大会での貴重な写真も!

 

 さらに、今大会に出場する32ヶ国の代表ユニフォーム(一部レプリカ含む)も同時に展示されていました。

 強豪国のユニフォームはグッド。

 我らが日本も!

 この写真展は7月31日(木)まで開催されているそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)