原発技術とロボット技術。技術の進化は進むが、使い方も

 雑誌「FOREIGN AFFAIRS REPORT(2014 NO.6)」。

 興味深かったのは、「原子力産業に未来はあるか――なぜ技術革新を生かせないか」、「殺人ロボットを禁止せよ――人間を殺すロボットの脅威」。
 原発事故による問題は今でも大きな課題でありますが、原発の技術をなくすというのがどういうことか、という点も考える必要はあります。原発技術も日々進化しており、課題をクリアする道も。エネルギー問題は様々な視点で考えなければいけません。
 ロボットも日々進化しています。介護ロボットも出てきましたが、その反面、殺人ロボットも進化していっているのも現実。果たして、これをどう考えるのか。

 この他にも、現在、世界で大きな注目問題となっている欧米とロシア、中国の関係では、「ロシアの拡大主義と欧州のジレンマ」という特集が組まれていました。
 エネルギー問題でヨーロッパはロシアへの強い態度をとれないという見方が大きいですが、それだけではなく、経済でも強い結びつきがあり、ヨーロッパからのロシアへの経済への投資も大きく、強い態度で制裁をかせば、その影響が大きいという。

5/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)