この雰囲気がいい感じの古本路地

 先日のあるいい天気の日に、仕事で神保町(東京都千代田区)を歩いて通ることに。
 神保町といえば、古本のお店がたくさんあるところで有名ですよね。私もちょくちょく利用させていただいています。
 そんな神保町に来ると、やはり、ワクワクしてしまいます(笑)。

 それで、ふと路地に入ったりすると、こんな光景が目に飛び込んできました。



 何か、いい感じですね~~。
 路地と古本がすごくマッチしていて、ちょっとした雰囲気を出しています。古本のお店の独特な雰囲気にちょっとした路地という空間が、その雰囲気をさらに高めてくれたりして、何かいい本をさがしを楽しませてくれます。

 本好きの友人からは、年に一度の古本祭りは、昔はもっとすごかったと聞きます。そんなことから、古本の経済状況も厳しいものではあるのだろうと思うと、こうした古本の雰囲気がもしかしたら、いずれ見れなくなってしまうかも、と悲しいことを思ったりもしたり。
 そうならないようにしたいものですね。頑張ってほしいものですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)