都会と伝統が融合した「花園神社例大祭」

 東京都新宿区にある花園神社で、5月23日(金)から26日(月)まで「花園神社例大祭」が開催されると知り、24日(土)に見に行ってきました。

 この例大祭、2014(平成26)年は表の年のため、25日(日)に本社神輿と雷電神輿の渡御が行われ、獅子頭と島田囃子をのせた山車を先頭に、二基の宮神輿が神社から靖国通り、新宿通り、明治通りを練り歩くそうです。これらは氏子の町内八カ町で引き渡しながら行われるそう。一方、陰の年には八カ町の神輿が神社に集合し、連合渡御が行われるという。

 いい天気に恵まれた24日の土曜日。多くの人々がこの例大祭を楽しんでいました。

 私が行った時は、花園神社内で神輿と多くの人々が集まっていました。今から新宿の街へと練り歩くという場面みたい。

 

 

 

 花園神社を出発した神輿は、大通りの1車線を進んでいきました。自動車がバンバン走る中、神輿が掛け声とともに進んでいく姿は、なんか、すごい光景でした。

 

 

 祭りの雰囲気が新宿で活気に繰り広げられており、伝統と都会さが融合された祭りでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)