淡々とのめりこませる、映画「ソーシャルネットワーク」

 今では誰もが知っているだろうFacebook。その創業物語が映画になりました。

2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。
(あらすじより)」

 物語は淡々と進んでいく感じですが、引き込ませられ、どういう展開に進んでいくか、見入ります。
 主人公のマークの人間性と友人のエドゥアルドの関係が見もの。その関係と友情の行方がどうなるのかが気になるものでした。
 そして、マークのその独特な人間性と行動力が物語にのめりこませるものがありました。ただし、映画という時間の範囲では、足りない感じでした。

 映画は淡々と進んでいきますが、引き込ませられます。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)