メモやノートをいろいろ試行錯誤

 先日、万年筆を買ったのを機に、メモノートなども試行錯誤に入りました。
 普段は、主にブレイリオのバイブルサイズのシステム手帳を使っていますが、アクティブに動く時はトラヴェラーズノートを使って、後で重要なメモについてはブレイリオに書き写していました。

(写真:トラヴェラーズノート)

 ただ、トラヴェラーズノートは持ちながら書く時がちょっと面倒だったりして、今回、思い切って、ダ・ヴィンチ(スリムタイプの)バイブルサイズのシステム手帳を買いました。

 質は、ブライドルレザーでいい感じ。
 ただ、これはアクティブ用のメモに使います。

 ただ、システム手帳のバイブルサイズの紙の大きさは、ちょっと長めの文章なりを考えると、少し小さいため、モレスキンのノートも買ってきました。

 こちらに、アイデアや興味を持ったことを整理した内容をまとめていきたいと。

 ただし、買ってからショックだったのが、万年筆のブルーブラックのインクの裏抜け、裏移りがすごかった。インターネットで調べてみると、出るわ出るわ(笑)。完全に情報収集不足ですね。
 そこで、裏抜け、裏移りしにくいノートを探すと、ロディアが候補に挙がりました。ロディアはレポート紙を使っており、裏抜け、裏移りは大丈夫。しかし、難点はカバーの質でした。例えば、爪で引っかいてしまった時の(手に感じる)感覚がすごく嫌な感じだろうなっと。そこが難点で、他の候補を探していたら、ロイヒトトゥルムというメーカーで、モレスキンのようなカバーの感じのノートを出していると知りました。
 ただ、問題は紙質ですね。そこで、取り扱いのあるお店問い合わせてみると、実際に万年筆でどうなるかを試してくれました。
 結果、ロディアよりは裏抜け、裏移りしそうですが、モレスキンよりは大丈夫。つまり、ロディアとモレスキンの間ぐらいかなっという。
 モレスキン、ロディアと比較していくと、やはり、ロディアに軍配が上がりました。

 新しいロディアのノートを触ってみると、いい感じ。ただ、引っかかないようしたいと。傷は仕方ないのですが感触が嫌なので(笑)。

 というわけで、いろいろ万年筆で書けるノートを探し回った今日この頃でした(笑)。
 ちなみに、モレスキンのノートは、このままではもったいないので何か使い道を考えてみたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)