情報戦争がはげしくなっていく『国際メディア情報戦』(高木 徹)

 埋め込まれた情報が溢れるようになっていく世の中で、「いかにメディアリテラシーを鍛えられるか」、を考えさせられる内容でした。

現代の「戦場」を制するのはイメージ力
グローバルな世論を味方につけろ!
●ミロシェビッチを「巨悪」に変えた男のテクニック
●ビンラディンが見せた驚愕のメディア操縦法
●情報戦としての対テロ戦争の実態
●PR戦略の見本市で起きる熾烈な欧州
●東京はなぜ五輪招致に勝てたのか
●日本が持っている「資産」とは?
あの『戦争広告代理店』から12年
読書界待望の最新刊!

中国・北朝鮮・イラン・アルカイダ…
大国も小国も
テロリストも続々参戦中!
急拡大する戦いの現場で
いま何が起きているのか?
日本はいかに戦うのか? 今世紀をサバイバルするための必読書!

情報戦というと、CIAやMI5やらの情報機関が水面下で暗躍する、「ごく一部の人しか知らない情報」をいかにゲットするかの戦いのことだと思う人も多いだろう。しかし、現代において重要なのは、むしろどれだけ多くの人に、自分に有利に働く情報を到達させ、いかに印象深くその心に植え付けるかという、いわば「出す」情報戦なのだ。情報とは、自分だけが知っていても意味はない。現代では、それをいかに他の人に伝えるかが勝負になっているのである。
――本文より

(本の帯より)」

 日本の中でも世界でも、今後は情報戦を制することが勝ち残っていく条件になってきそうです。
 その情報戦が「どんなものなのか」ということを、本書では事例を紹介しつつ、情報戦について解説されていました。
 市場で出回っている情報が、実は仕組まれた流れなのか、そうではないのか、が明確にならない情報もあり、それを理解することは今後、必要なことになっていくでしょう。

 興味深かったこととして、

・アメリカがどういう対応をするかどうかが、モノゴトに対しての命運が決まるという。しかし、そのモノゴトについて、アメリカが理解していなかった場合、国際メガメディアの報道が大きな判断材料になる。つまり、国際メガメディアの報道の仕方で、そのモノゴトのイメージが形成され、モノゴトに対してのアメリカの対応も変わってくる。そうなれば、他の国や勢力もそれに続く形になる。

・「泣かない赤ちゃんはミルクをもらえない」ということわざがあるそうで。
 欧米諸国は様々な問題で忙しく、そんな中で、石油や核兵器もない国の問題を国際社会の最重要課題にしなくてはならないとする。
 そのためには、メディアの力を利用し、国際社会を牛耳る欧米諸国にプレッシャーをかけることが最重要になるという。

・広告代理店は、金で媒体を買うことになるから、多額をつぎ込めば、大規模なイメージ戦略を打てる。そのかわり、みんなが「これは金で買われた広告だ」と知っているから、広告主の意図は見え見えで、そのメッセージも割り引いて受け止められることになる。
 しかし、PR会社は、広告を金で買う以外のことは、全てするという。広告スペースではなく、テレビなら通常の番組や報道、新聞なら記事の部分にクライアントの意志を反映させるのが仕事だと。こうした部分は、メディアの核心だから、金では買うことは出来ない。
 つまり、それが成功して番組や報道にメッセージをいわば「埋め込む」ことができれば、「広告だから」という色眼鏡を通さずに情報を消費者の心に送り込むことが出来るということ。

・「サウンドバイト」、「バズワード」、「サダマイズ」という現在の国際メディア情報戦でも通じる基本的なテクニックがある。
 「サウンドバイト」とは、要人などの記者会見での発言や、歩いている途中を記者達が捕まえて行うステークアウトでの発言を、数秒から十数秒の長さにカットしてニュースの中に編集していく、その発言の短い断片のこと。

・世界各地で続く様々な紛争、テロ、迫害、事件などの混乱や悲劇が起きる時、芸術やスポーツの世界で国際的に活躍していた人物の身に危険が迫ると、それは世界のメディア空間では大きく取り上げられる可能性が高い。アーティストやアスリートは、現地の悲惨な状況をはじめに伝える「アイコン」となる。そうした人物がいるかどうかは、その地域の紛争が世界の注意を引くことができるかどうかのカギを握る。

 などなど、興味深かった内容でした。今後の行方は情報の価値判断が特に重要な位置を占めていきそうですね。

6/10)

コメント

  1. […] 情報戦争がはげしくなっていく『国際メディア情報戦』(高木 徹 … – Eiji's High埋め込まれた情報が溢れるようになっていく世の中で、「いかにメディアリテラシーを鍛えられ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)