今回の大河ドラマ「軍師官兵衛」が面白い!

 今年の大河ドラマは「軍師官兵衛」。

 今回の大河ドラマの視聴率的はそこまでみたいですね。でも、私は毎回、夢中になって見ています。つまり、「当たり」だと今は思っています(笑)。
 物語もまだ前半戦で終わりまではまだまだ先の状況ですが、今のところは面白いです。「なぜ、こんな視聴率なのか?」と疑問に思ってしまいますが(笑)、いろんな捉え方があっていいとは思います。

 毎回、大河ドラマを見ているわけではありませんが、「武蔵 MUSASHI」の頃からちょくちょく見るようになりました。世間的には「武蔵 MUSASHI」はあまり・・・・・・という感じだったみたいですが、私は好きでした。
 今回の大河ドラマは「軍師」という要素が入っていますね。軍師といえば、これまで「風林火山」の主人公、武田信玄の軍師・山本勘助が挙げられますね。「風林火山」も面白かったんですが、もうちょっと「軍師としての具体的な技術事例や汚れ仕事(笑)などが盛り込まれているといいな」と思ったのを覚えています。
 今回は、その情報や戦略・戦術が楽しめるような感じになっているのでは、と期待しています。そこに、人間の人情味も含まれつつ、スリルやアクション、人と人との関係が楽しめそうな気がします(笑)。

 冒頭でも書きましたが、大河ドラマは「武蔵 MUSASHI」から本格的に見始め、「風林火山」、「龍馬伝」と見てきました。
 これまでの大河ドラマをよく見ている方ではないにしろ、大河ドラマ自体は嫌いではないんです。まぁ、「見たい物語だったら見る」という一般的な感覚ですね。

 でも、興味深いドラマが放送されると、楽しみになりますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)