中国の動向、移民問題の記事が興味深かった

 雑誌「FOREIGN AFFAIRS REPORT(2014 NO.2)」。

 興味深かった記事は、「中国は第2の経済改革・開放路線へ――管理・統制国家からルールに基づく規制国家へ」、「習近平の政治改革路線は本物か――労働教養の廃止と政治改革の行方」、「移民を受け入れるべきか規制すべきか――移民と経済と財政」。

 中国への注目は、依然として注視されていますね。
 国内の路線の転換を見せたといわれており、今後の中国の行方が、世界でも影響するため、中国がどうなっていくのか、気になるところ。

 移民問題は、世界的に問題となっていたりします。
 その移民を受け入れるべきか、どうなのか、など様々な議論があり、反発も賛成もあったり。移民を受け入れることでのメリットやデメリットなど、経済に好影響だったり、悪影響だったり、社会的な問題になったりなどなど、様々な影響があるため、移民問題の解決はまだまだ続きそうです。

3/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)