宇宙空間の美しさと生きることの美しさを感じた映画『ゼロ・グラビティ』

 この映画、シンプルに生きる美しさが感じられる作品でした。

地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。
(あらすじより)」

 実は、友人からこの映画を見ようと誘われて、初めて知りました(笑)。
 3D映画ということで、3Dで宇宙空間の臨場感溢れる感じを楽しみました。
 物語は上記のあらすじのように、宇宙空間での作業中に、他国の他の衛星の破壊による破片などが襲ってきて、大きなトラブルに発展。そこから、どうにかして、地球へと帰還するまでを描いた物語です。
 宇宙空間の雰囲気と臨場感を、3Dにより楽しめるもので、これは映画館といった迫力さを存分に楽しめる設備と、3D設備で見ると断然、楽しめる作品となっていました。

 面白かったのは、トラブルに対して主人公のライアンの人間味溢れる対応が興味深く、物語に引き込まれました。宇宙空間での作業ということで、トップクラスの人材が採用されているだろうと思いますが、やはり、宇宙空間での命の危機のトラブルとなれば、パニックになると思います。
 そうしたトラブルを通じて、主人公が普通の人間であることを感じ、そして、そこから地球へ帰還して生きるという目標からそれぞれのアクションを行っていくことが、実はシンプルなことの繰り返しであることから、シンプルなことが実はすごく大切なことで、生きることの素晴らしさと、生きることは何か、ということを考えさせられて、物語に引き込まれました。
 さらに、ベテランのマットの存在が、さらに物語を面白くしていて、あのユーモラスさと勇気が、どれだけ人を勇気づけ、そして、魅力的な人物であることに納得ですが、その主人公の存在が物語とライアンの帰還へのミッションを盛り上げてくれました。

 主人公が直面する大きなトラブルから、小さなトラブル。そして、大きな目標から小さな目標までをクリアしていく姿は、まさに人生を送る上でのことにいえるもので、悩みながらも行動していく姿に、人生の素晴らしさを感じました。
 同時に、宇宙の雰囲気を味わい、宇宙の素晴らしさと、生の素晴らしさを、シンプルに感じられる物語でした。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)