二人が繰り広げる不可解な展開に引き込まれた『白夜行』(東野圭吾)

 桐原と雪穂が繰り広げる展開に引き込まれてしまう物語。

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘、西本雪穂――暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年……。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇!
(小説のあらすじより)」 

 物語、面白かったです。桐原と雪穂が繰り広げる展開は、不可解な展開だけど、読者に推理させる展開と「なるほど、そうきたか~」とさせる展開で、引き込まれました。
 物語は、ある一つの事件から始まります。しかし、その事件は迷宮入り。その後、被害者の息子の桐原と、容疑者の娘の雪穂のその後が展開されていきます。その展開が、どうなるのかという推理や予測へと興味を高め、二人の不可解な展開に引き込まれていきます。
 物語のそうした一展開を読み進めていくうちに、この二人の今後への計画と遂行がどこまで高度なのか、驚くばかりになりました(笑)。どこまで、ずば抜けて、そうして出し抜いていくのか? 二人の目的は何なのか? 二人はどんな想いを持ち、そうした展開を行っていくのか? といったことを思いながら、物語に引き込まれました。
 そういった謎に対し、二人の展開を描いた物語の中からは、なかなかそれが出てこない。少しのヒントは出てくるのですが、明確な答えはなく、最後までその謎が気になる展開に翻弄されっぱなしでした(笑)。
 そして、もう一つ。二人が起こす展開自体が、すごくワンダフルなこと。つまり、その展開が計算された展開という、高い技術といえばいいのか、そんなミッションをクリアしていく展開が面白かった。
 ただし、展開の内容は必ずしも気持ちがいいものではないことが、さらに読む気になることに。二人が繰り広げる展開は、周囲に悪影響をもたらすものでもあって、同時に二人がいつ食い止められるのか、という思いも。正義と悪のような感じも持ちながら、悪影響を受けた人がどうやって、そこから這い上がってくるのか、ということも気になる展開。
 こんな展開から、二人の繰り広げる展開が気になり、どこまでそれは進んでいくのか、という展開に引き込まれたわけです。

 ここまで書きましたが、正直な話を書かせてもらいます。
 私は東野圭吾氏の小説をこれまで読んだことがありませんでした。世間では大ヒット、大注目されていて、ようやく読んでみることに。でも、初めて手に取ったのは「幻夜」でした。
 「幻夜」を読み始めると、衝撃を受け、夢中に読み進めるまでに。そこで、「私はなぜ、これまで東野圭吾氏の小説を読まなかったのか?」と自分に言ったくらいです(笑)。「幻夜」も後半に差し掛かる頃、知人に「東野圭吾、面白い」と話したところ、「白夜行」を読んだほうがいいと。それで、読むのをやめ、「白夜行」を読んだ次第です。
 この背景があり、この文章を書いている最中、再び、「幻夜」を最初から読んでいます(笑)。そういった読み方がある背景もあるのかもしれませんが、正直な話、「白夜行」は、「幻夜」ほどの衝撃はなかったというのが率直な感想です。
 ただ、それでも、十分に楽しめる作品だと感じています。「幻夜」への展開が楽しみにもなりました。

 なので、もし、「幻夜」から読む方は、「白夜行」をまず、読んでみることをお勧めします(笑)。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)