どんな生活になろうと、行い次第

 映画「鍵泥棒のメソッド」を見て思ったことが一つ。

日々の人生・生活の行いで、結果はきちんとついてくる

ということ。映画はそこまで……(爆 っなんですが、でも、物語の展開を見て、上のことを思いました。

 桜井は俳優を目指しているが、中途半端で売れなく、貧乏な生活。一方のコンドウはプロの殺し屋(便利屋)で、仕事もお金もある。
 ある時、両者が入れ替わるんですが、結局、結果は同じ結果に。つまり、桜井はコンドウのお金を使いまくって、金欠に。仕事もうまくいかず。
 コンドウは、貧乏ながらも部屋もきれいになり、恋人ともめぐり合い、そして、俳優の道も開けていく。

 人生の行い方、日々の生活の行い方で、生活や人生の変化があっても、結果の質は変わってこない。
 なんか、シンプルで、現実はそんなんではないよ~って言いたくなるかもしれませんが、すごく大事にことだと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)